【ソニー】PS5、450ドル(4万9000円)で初年度は生産を抑える見通し

カナ速


download.jpg

1

ソニーの次世代ゲーム機「プレイステーション(PS)5」の製造コストは、部品価格上昇を受け、450ドル(約4万9000円)前後になる見通しだ。

競合の米マイクロソフトへの対応もあり、販売価格の設定に苦慮している。
情報が公開されていないため、事情に詳しい複数の関係者が匿名を条件に明らかにした。

関係者によれば、ソニーはゲーム事業の主軸を年末商戦期に
発売予定のPS5に徐々に移行したい考え。
従来、発売する年の2月ごろに本体価格を決定し春から量産するが、PS5の場合は同時期に発売されるマイクロソフトの新型機の動向を見極めながら価格を決定する。
また仮想現実端末「PSVR」の次世代機もPS5の発売後に販売する見込み。

新型コロナウイルスはPS5の準備に現時点では影響を与えていない。
初年の生産数は大規模なものにはならない見通し。

DRAM不足はすでにソニー製品に影響を及ぼしており、今年発表するミラーレスカメラに搭載予定だった一部新機能を見送った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200214-52259051-bloom_st-bus_all


3
でもSSDは専用なんでしょ?


4
安い、安すぎる


36
>>4
売値じゃなく原価の話やんな


41
>>4
これコストの話だから売る時はいくらになるかわからんわ


続きを読む
Twitter