たかし「スペシウム光線がさー」ぼくくん「あーそれ知ってるー!ベジータの技でしょ!?」たかし「は?」

ゴールデンタイムズ


kid-2428765_640
1以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2020/04/05(日) 21:24:46.075 ID:MZ0220LCp.net
たかし「スペシウム光線をゴモラに撃ってねー」

ぼくくん「ゴモラじゃなくて、ご・く・うでしょ?」

たかし「…」

ぼくくん「どうしたの?」

────幼稚園のある一日だ。それから高校卒業に至るまで、僕はたかしくんに距離を置かれた。





3以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2020/04/05(日) 21:26:11.884 ID:MZ0220LCp.net
───たかしくんには無視を決め込まれたり、時には殴られたりもした。教科書に落書きをされたことや、靴の中に牛乳を零されたりもした。彼はやんちゃだったのだ。





5以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2020/04/05(日) 21:28:27.390 ID:MZ0220LCp.net
───そして20年後、秋葉原フィギュアショップにて

ぼくくん(38)「これは…」

───ゴモラだった。彼は正しかったのだ。彼は間違いを正す僕に嫌気がさし、当たりが強くなったのだ。彼に謝らなければならない。スペシウム光線を撃たれたのは悟空ではなく、ゴモラだったのだ。





6以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2020/04/05(日) 21:31:39.190 ID:MZ0220LCp.net
───彼の所在を突き止めることにした。彼は僕に対して怒りの感情を持っていたが、同時に友達としても後ろめたさがあっただろう。だから偽名(高校のたかしくんの友達の名前)を使い、当時の住まいや近所から聞き込みをすることにした。





7以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2020/04/05(日) 21:33:39 ID:MZ0220LCp.net
───彼の所在はすぐ分かった。偽名を出せばすぐにみんな教えてくれる。口が軽い軽い。とにかく、謝れば彼も許してくれるはずだ。彼も僕のことを悪いと思っていたはずだ。早く行かないと。僕の足はどんどん進む。





8以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2020/04/05(日) 21:37:38 ID:MZ0220LCp.net
───そして、彼の家に着いた

ぼくくん「こんばんわ」

たかし「こんばんは、どなたでしょうか?」

ぼくくん「僕だよ。」

たかし「んん?」

───彼は気付かないふりをしている。

たかし「失礼ですが、どなたでしょうか?」

───下手な演技だ。いや、おそらく後ろめたさからの発言なのだ。僕がスペシウム光線のことを謝ればいいだけの事。万が一忘れていたとしてもきっとそれがきっかけですぐに思い出す。





9以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2020/04/05(日) 21:40:46 ID:MZ0220LCp.net
ぼくくん「スペシウム光線で倒れたのは悟空じゃなかった。」

たかし「あの…」

───まだ思い出せない「フリ」をしている。大声でわからせてやるか。

ぼくくん「スペシウム光線で倒れたのはゴモラだったんだ!!!」

たかし「警察呼びますよ!!」

───ああ、そうか。彼はヒーローごっこがしたいのだ。





10以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2020/04/05(日) 21:45:29 ID:MZ0220LCp.net
───おそらく彼の中では彼自身一般人役だ。という事は僕が彼を襲えば、彼はヒーロー役になって僕を倒すという事だ。仲直りがしたいんだろう。2人でヒーローごっこをがしたいのだ。

ぼくくん「それならそうと早く言ってくれればいいのに。」

たかし「えっ」

ぼくくん「演技が上手だね」

───僕は彼にヘッドロックをかけた。こういう遊びにはプロレス技が定番だ。





11以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2020/04/05(日) 21:48:03 ID:MZ0220LCp.net
───僕はヒーローになりたかった。だからひたすら体を鍛えていたのだ。ベンチプレスなら150キロくらいを簡単にに上げられる程度には。体重は100キロを超え、肉体的には憧れの悟空に近くなってとても嬉しかった。





12以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2020/04/05(日) 21:51:04 ID:MZ0220LCp.net
たかし「た、たすけて…」

ぼくくん「ほんと演技上達したよね!」

たかし「苦し…い」

ぼくくん「そろそろヒーロー出てきていいんだよ?」

たかし「…は?」

───ゴキン。という音を立てて彼は動かなくなった。どうやら寝てしまったらしい。結局僕は彼に謝ることが出来ず、もやもやした気持ちでいた。



続きを読む
Twitter