メリー「もしもし、私メリーさん」男「ひいいぃっ!」バタッ

ゴールデンタイムズ


nostalgia-4397880_640
1 ◆GiMcqKsVbQ :2020/05/17(日) 20:53:15.02 ID:gBZAIg/Z0
メリー「今〇〇駅にいるの」

メリー(怖がってる怖がってる。いい感じ)

メリー「さて、次の電話なの」

プルルルルルル

メリー「・・・・・・出ない。まあそんなことしても私には関係ないの」

メリー「もしもし、私メリーさん。今△△スーパーの前にいるの」

メリー「・・・・・・」

メリー(声が聞こえない。電話から離れて隠れたとか?)

メリー「ま、そんなこと私の前には無意味なの。よし、次の電話」

プルルルルルル

メリー「もしもし、私メリーさん。今コンビニの前にいるの」

メリー(聞いてない相手に電話をかけるのはちょっと虚しい)

メリー「・・・・・・もう一気にいっちゃうの」

プルルルルルル

メリー「もしもし、私メリーさん。今」






2 ◆GiMcqKsVbQ :2020/05/17(日) 20:53:57.83 ID:gBZAIg/Z0
メリー「あ な た の う し ろ に」




男「」




メリー「・・・・・・?」





3 ◆GiMcqKsVbQ :2020/05/17(日) 20:54:32.46 ID:gBZAIg/Z0
メリー「・・・・・・し、死んでる」

メリー「え、いや、やばいやばい!心臓、止まってる!息、してない!つまり死んでる!」

メリー「え、あまりの恐怖にショック死?メンタル弱すぎじゃない?」

メリー「じゃなくて!やばいの!私が殺す前に死なれると都市伝説法第28条に引っかかるの!」

メリー「えーと、AED!近くに、えーっと、えーっと、あ、そうだ!」

プルルルルルル





4 ◆GiMcqKsVbQ :2020/05/17(日) 20:55:11.45 ID:gBZAIg/Z0
駅員「ん、なんだこんな夜中に・・・・・電話?」

メリー『もしもし、私メリーさん。今からAEDを取りに行くから準備しておいてほしいの!』

駅員「んー?メリーさ・・・・・え?」

メリー『いいから早く!心臓が止まってるの!早くしないと死ぬから!』

駅員「わ、わかりました!」

駅員(メリーさん?)

メリー「AED!とりにきたの!」

駅員「え、早い!?いや、どうやってここに!?」

メリー「説明してる暇はないの!メリーさんでぐぐれなの!ええっとあいつの電話番号は」プルルルルルル

メリー「もしもし、私メリーさん。今からあなたのとこにいくの!」フッ

駅員「き、消えた・・・・・・?なんだったんだ・・・・・・?」





5人工呼吸は優先度低いの ◆GiMcqKsVbQ :2020/05/17(日) 20:56:07.78 ID:gBZAIg/Z0
メリー「最初の電話をかけてから2分、まだいける!えーと、金属アクセサリーは、つけてない!体は濡れて、ない!よし!」

メリー「AED起動!」

ドクン

メリー「心臓は、まだ動いてない?ええい、心臓マッサージ!」

メリー「胸骨が折れるぐらいに強く!テンポはアンパンマンのマーチで!」

メリー「そっおっだっ!うれしいいんだっ!いーきるよろこびっ!たっとっえっ!むねのきずーがっ!いーたんでもっ!」

メリー「よし、もっかいAED!あっ、救急車呼ばなきゃ!」プルルルルルル

メリー「もしもし、救急なの!場所は〇〇区××町1-2-3の201号室!」

メリー「今心肺蘇生中なの!急いでね!」

メリー「よし、連絡オッケー!心臓マッサージ再開!」

メリー「死ぬなぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」





6 ◆GiMcqKsVbQ :2020/05/17(日) 20:57:20.65 ID:gBZAIg/Z0
男(・・・・・・あれ、ここは)

男「・・・・・・知らない天上だ」

男(えーと、なんか白いベッドで寝かされてて、服も病人が着るみたいなあれ)

男「そして側には謎の機械。・・・・・・そうか、病院かここは」

男(そりゃ病人が着る服着てるよな。でもなんで病院にいるんだ?覚えてない・・・・・)

男「とりあえずナースコールを押そう」





7 ◆GiMcqKsVbQ :2020/05/17(日) 20:57:55.68 ID:gBZAIg/Z0
ナース「よかった、意識が戻ったんですね」

男「ええ、まあ。それよりも、俺はなんでこんなところに?」

ナース「自宅で心停止して倒れていたところを遊びに来ていたお友達の妹さんが助けてくれたんですよ」

男「友達の妹?」

男(遊びに来てた?ここ最近誰かが遊びに着た記憶がないけど・・・・・・)

ナース「もしかしたら意識を失った拍子に記憶が混乱しているのかもしれません。すぐに先生がいらっしゃいますので、診てもらいましょう」

男「あ、はい」





8 ◆GiMcqKsVbQ :2020/05/17(日) 20:58:36.44 ID:gBZAIg/Z0
メリー(駅からAEDを取って来たって言ったから大騒ぎになったの。物理的に不可能な距離だとかなんだとか。こっちは怪異なんだからんなもん関係ないの)

メリー「まあ駅員さんにAED返したし、状況説明もしたし。あとは待つだけなの」

メリー(幸い心臓は動き出したから死にはしてないはずなの)

プルルルルルル

メリー「あ、はいもしもし。メリーですけど」

ナース『もしもし、メリーちゃんですか?男さんの意識が戻りましたよ』

メリー「ほんとなの!?よかったの・・・・・」

ナース『ただ、今はちょっと混乱しているみたいでメリーちゃんが会ってお話すれば記憶も戻るかもしれませんので、また時間がある時にお見舞いしに来てあげてください』

メリー「わかったの。ありがとうございますなの」ピッ

メリー「・・・・・・お見舞い?どの面下げて?私が?行くの?」

メリー(あ、起きたなら電話してもっかい殺せばいいじゃんなの)

メリー「そうと決まれば夜まで待って・・・・・」





9 ◆GiMcqKsVbQ :2020/05/17(日) 20:59:07.93 ID:gBZAIg/Z0
プルルルルルル

メリー「もしもし、私メリーさん。今〇〇駅にいるの」

メリー「・・・・・・」

メリー(反応がない。寝てる?そ、それとももしかしてまた死んだ!?ヤバいの!すぐ確認にいくの!)

メリー「男ーっ!死ぬななのーっ!」フッ





10 ◆GiMcqKsVbQ :2020/05/17(日) 20:59:55.50 ID:gBZAIg/Z0
メリー「男ー!・・・・・・あれ?」

メリー(ここは、あいつの部屋なの。あれ?でもあいつまだ病院に・・・・・・)

メリー「あっ」

メリー(うかつだったの。私ができるのは電話口へのワープだけなの。そして、その電話は)

メリー「家におきっぱなし・・・・・そりゃそうなの。しょうがない、明日にでも持っていってあげるの」

メリー(今日は家まで帰るのめんどいから寝床を借りるの)

メリー「・・・・・・にしても、汚い部屋なの」

メリー(一晩だけとはいえ、こんな汚い部屋で寝るのは許せないの)

メリー「この際なの。徹底的に掃除してから寝てやるの!」

メリー(人形なのに寝る必要あるの?とかはご法度なの。今の時代人形も妖怪もなんでも寝るの。なんなら幽霊も寝るの。知り合いの幽霊はぐっすりだったの)



続きを読む
Twitter