【悲報】市長選候補者「ひとり10万円!」市民「ええやん!投票!」→当選後「10万円とは国の給付金を早く配るって事」

カナ速


download.jpg

1

なお当選したもよう


守屋市長の公約「市民を『守る』コロナ対策」の2つ目の項目に「ひとり10万円」とある。ぱっと見、市独自の新しい給付金を創設すると提案しているように見える。

ところが、守屋市長は当選後に開かれた市議会6月定例会で複数の議員からこの公約を問われたところ、「国の特別定額給付金を迅速に執行するという意味で記した」と答弁したのだ。確かに「ひとり10万円を市独自で給付します」とは記していない。「ひとり10万円」がなんなのかはっきりしない。そのうえで、守屋市長は「選挙公報の紙面の大きさの都合」で丁寧な説明ができず「誤解を招いた」などと釈明した。
 
https://www.excite.co.jp/news/article/Bizjournal_202006_post_165360/


3
賢い


6
守る気がないのは東京知事で理解してただろ


続きを読む
Twitter