【アイマス】伊織「アイドルマスターSideY?」

ゴールデンタイムズ


maxresdefault
1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/10(日) 20:13:05.99 ID:vBrc6zsH0

P「おう、今度バンナムから発売されるゲームでな」

伊織「ああ、ゲームなのね」

P「ジャンルはアイドルプロデュース体験ゲーム?ってやつで」

伊織「ふんふん」

P「その栄えあるテストプレイヤーに」

伊織「テストプレイヤーに?」

P「水瀬伊織さん、貴女が選ばれました!」パチパチパチ

伊織「あ、どうも」

P「おいおい淡白な反応だな、もっと喜んだらどうだ?『伊織ちゃんマンモスうれピー☆』とか言ってさ」

伊織「どんな喜び方よ!?」






2以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/10(日) 20:14:27.43 ID:vBrc6zsH0

伊織「喜べって言われても……私あんまりゲームとかしないんだけど?」

P「まあそうだろうな」

伊織「それなのにテストプレイヤーが私で大丈夫なの?」

P「大丈夫だ、問題ない。むしろゲーム慣れしていない素人の伊織だからこそいいんだ」

伊織「そういうものなのかしら……」

P「まあ適当にやって、評価や感想をちょちょいと書くだけの簡単な作業だし」

伊織「そ、そういうものなの?」

P「というわけで、さあやろう早速やろう!」カチャカチャ

伊織「わ、わかったわよ」






3以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/10(日) 20:15:35.98 ID:vBrc6zsH0

P「さあ本体のセットも完了だ!伊織、後は任せたぞ」

伊織「え?私一人でやるの?」

P「ああ、俺は残念ながら仕事があってな」

伊織「そ、そう……」

P「ん?一人じゃ不安か?」

伊織「べ、別に不安でもなんでもないわ!」

P「なんなら、仕事をキャンセルして一緒にやっても」

伊織「いいから!ほら、さっさと行ってきなさいよ!」

P「お、おう……それじゃあ頑張れよ」タッタッタッ


<バタン


伊織「………ふん」

伊織「え〜っと……これが電源のボタンね?」ピッ






4以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/10(日) 20:16:12.72 ID:vBrc6zsH0

伊織「タイトル名はアイドルマスター SideY……」

伊織「アイツはアイドルプロデュース体験ゲームって言ってたけど……説明書とかないのかしら?」

<〜〜♪

伊織「あ、始まったわね」


<ζ'ヮ')ζ うっうー☆


伊織「え!?やよい!?」


<ζ'ヮ')ζ あいどるますたーさいどわい!はっじまっりまーーーす!!







5以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/10(日) 20:17:52.02 ID:vBrc6zsH0

伊織「………」

伊織「もしかしてSideYのYって『やよい』のY?」

伊織「ということは……」

伊織「これは、やよいをプロデュースしていくゲームってこと?」

伊織「………」

伊織「………………」

伊織「……ゲームのタイトル名、コンセプト、共に10点満点っと……」カキカキ






6以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/10(日) 20:19:43.02 ID:vBrc6zsH0

伊織「うん、これは俄然やる気が出てきたわ!」

伊織「とりあえずスタートを選べばいいのね」ピッ


やよい『わたしの名前は高槻やよい。○○中学に通うアイドル志望の中学二年生!』



伊織「紛う事なきやよいね。それも本人の声付きとは恐れ入ったわ」



やよい『今日から新学期、あたらしい学年になってとってもワクワクです!』



伊織「もしかしてこれフルボイスなのかしら?それなら10点……いえ、20点を付けてもいいわね」



やよい『今は始業式も終わってアイドル事務所に向かっているところです』

やよい『今日はなにかイイことが起こりそうなヨカンがするな〜って』



伊織「うんうん、画面は景色だけだけど導入としては悪くない感じね!」






7以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/10(日) 20:20:55.05 ID:vBrc6zsH0


やよい『ここが私の所属する、げーのう事務所、756プロです!』


伊織「765……いえ、756プロね。他のメンバーはいるのかしら……」


やよい『今は私ひとりの小さな事務所ですが、お仕事ガンバって有名になれたらいいかな〜って思います』


伊織「やよい一人?なるほど……」

伊織「変に数人同時にプロデュースするよりも、やよい一人を存分に堪能できるってわけね。素晴らしいわ」


やよい『じゃあ今日もレッスン頑張ります!』


伊織「そうね!頑張りましょう、やよい!」



【プロデュースする、やよいを決めてください】



伊織「ん?やよいを決める?」







8以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/10(日) 20:21:48.59 ID:vBrc6zsH0


【プロデュースする、やよいを決めてください】



高槻やよい(春) ←

高槻やよい(千)

高槻やよい(真)

高槻やよい(雪)

高槻やよい(あ)

高槻やよい(双)

高槻やよい(美)

高槻やよい(響)

高槻やよい(貴)



伊織「カオス!!!」







9以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/10(日) 20:22:42.39 ID:vBrc6zsH0

伊織「なにこれ!?高槻やよいが凄いことになってる!?」

伊織「い、いや……それよりもこの()の中って……」ピッ



やよい(春)『うっうー、わたしでいいですか?』



伊織「うん……春香の声ね……」

伊織「………」

伊織「……試みとしては面白いですが、やや悪ノリがすぎるっと……」カキカキ






10以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/10(日) 20:23:44.48 ID:vBrc6zsH0

伊織「他のキャラは……」ピッ


やよい(真)『うっうーー!!わ、わたしにする?』


伊織「………ぷふっ……ま、真が私って言うのは貴重でしょ」ピッ


やよい(あ)『うっう〜わたしにしますか〜?』


伊織「oh……ノリノリね……うん…」ピッ


やよい(美)『あふぅ〜、ミキでいいの?』


伊織「セリフ!!!」




続きを読む
Twitter