【けいおん】唯「PUBGしよう!」

ゴールデンタイムズ


Ds8FywuU4AAfsJi
1以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/05/12(日) 23:04:57.681 ID:4L0Xr7uZ0.net
唯「PUBGしよう!」

律「おっ、知ってるのか唯!やろうぜー」

澪「ぴ、PUBGってなんだ?」

紬「シューティングゲームでね、100人のプレイヤーが最後のワンチームの生き残りをかけて戦うバトルロワイヤルゲームなの!」

律「ムギ詳しいな!」

紬「えへへ、みんなとPUBGやってみるの夢だったの!」

澪「ゲームなら、ゲーム機がないとダメなんじゃないか?」

唯「そ、それはムギちゃんがなんとか…」

紬「人数分あるわよ〜」

律「おっ、さすがムギだな!梓もやるか?」

梓「わ、私はちょっと遠慮しておきます」





4以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/05/12(日) 23:06:51.642 ID:4L0Xr7uZ0.net
唯「ええ〜なんで〜、みんなでプレーした方が楽しいじゃん…」

梓「練習がないなら、今日はもう帰ります。それに唯先輩、PUBGは1チームは4人までしか組めませんよ」

唯「えっそうなの?」

梓「知らずにやろうとしてたんですか…」

澪「じゃあ、どこでやるんだ?部室だとネットには繋げないぞ」

紬「なら、私の家にいらっしゃい!みんな初めてでしょ?うちに来るの」

唯「いいの!?」

紬「どんとこーい!」

律「そういう訳だから、みんなムギの家に行ってくるよ。じゃあな梓」

梓「…あ、はい。ありがとうございました」

梓(……唯先輩、PUBGはゲームなんかじゃないんですよ………)





6以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/05/12(日) 23:18:45.671 ID:4L0Xr7uZ0.net
ムギの家

律「うっわあっ、でっかい家!」

澪「こんな建物、この街にあったんだ…」

律「別荘よりこりゃまた一段と大きなお屋敷…」

唯「で、ムギちゃん!ゲームはどこなの?」

紬「そんなに慌てなくても、案内するわよ。みんな、ついてきて!」



唯「ムギちゃんの家って広いね。結構歩いたと思うけど…」

澪「ムギ、後どれくらい歩けば部屋に着くんだ?」

紬「ええと…、あ!この部屋よ!」

律「ついたーー!それじゃあ失礼して…」





7以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/05/12(日) 23:24:36.636 ID:d2Vhd7xBd.net
ガチャ(ドアの音)

律「な、なんじゃこりゃあ!」

澪「うわぁー…。まるで宇宙船だ…」

紬「ようこそ。私のゲーム部屋へ!」

唯「すごいよりっちゃん!この部屋、なんかカッコいい!!」

紬「部屋は薄暗いから気をつけて。4つパソコンが並べてあるから好きなところに座ってちょうだい」

澪「PUBGって、パソコンでプレーするのか…。PCゲームって初めてだから、なんかドキドキするなあ」

紬「解るわ〜。初めてPCでゲームする時、すごいワクワクするよね!」

律「それにしても本格的だな〜。私もPCでプレーしてるけど、こんなプロみたいな部屋でプレーするのは初めてだ…」

唯「おお!パソコンが透けてる!なんかカラフルで綺麗な光が出てるよ!」

律「ガラスで中を透けさせて、さらにLEDなんて、シャレオツなカスタムしてんねぇ〜ムギってば!」

紬「薄暗い部屋で、蛍光色の光の隣でゲームをする…。これがすごく楽しいの!みんな、早くプレーしよう!」





9以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/05/12(日) 23:35:35.228 ID:d2Vhd7xBd.net
澪「って、まずアカウント設定だけど…」

律「私は持ってるから、それを使ってログインするぞー!」

澪「律分かるか?教えて欲しいんだけど…」

律「おっ、どれどれ〜…」

澪「このIDっていうのは、どんなのにした方がいいんだ?」

律「IDってのは名前みたいなもんだからな〜。自分で決めた方がいいぜ〜」

澪「名前…。じゃ、じゃあakiyama_mioっと」

律「あらあらみおちゃん。IDを本名にしていらっしゃるの?」

澪「えっ…」

唯「ネットに本名あげちゃうと、怖い男の人に襲われちゃうかもよ…?」

澪「ひぃぃぃ!!襲われるのなんて怖い…!!」

律「あ〜ら、みおちゃんったら、男の人に襲われちゃう事なんて考えちゃって…。いつからそんなえっちな子になっちゃったのかしら?」

澪「りーつぅーー!!(殴」

律「ごめんなしゃい…」





10以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/05/12(日) 23:43:06.400 ID:d2Vhd7xBd.net
唯「ところでこの部屋、少し寒くない?エアコン効きすぎじゃない?」

紬「大丈夫よ唯ちゃん!パソコンが熱くなるからゲームが始まれば丁度いい温度になるわよ!」

律「さて、準備もできたし、そろそろ行きますか!」

唯「わーい」

澪「楽しみだなあ」

紬(みんな…。ここからは戦場よ!)

マッチ開始

ゴウンゴウンゴウンゴウン…

唯「飛行機から始まるなんて、すごい壮大だね」

澪「この飛行機の後どうするんだ?」

紬「好きなタイミングで、この飛行機からダイビングすることができてね、比較的自由な場所からゲームを始めることができるの」

律「マップを見てみよう。航路はほぼ中央を上から下に流れる感じだから、割とどこでも行ける感じだな」

唯「この、プリモルスクってところどうかな?」

紬「センスいいわね、唯ちゃん」

律「確かに、この距離なら行けなくもないか。じゃあそろそろ降りようぜ!」





11以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/05/12(日) 23:54:21.582 ID:d2Vhd7xBd.net
唯「降下!」

澪「うわあーーー!!すごい!!」

律「すごいだろ、澪?今のゲームってこんなにリアルなんだぜ?」

唯「すっごいー!!空飛ぶなんて気持ちいいね!」

紬「陸地が近くなったら、自動でパラシュートが開いてくれるから、今度は、降りたい建物の近くまで、パラシュートを操作するだけよ」

律「武器や装備は降下先の建物にあるから、自分で探すんだぞ!」

バッ!(パラシュート展開)

澪「パラシュート落ちるの遅いな…」

律「初心者には仕方ないよ。パラシュートにも早く降りるやり方があるから」

唯「おお〜!着地成功!」

紬「ここからが勝負よ!唯ちゃん!」

律「こっちも着地した。じゃあまずはこの家から物資を漁るぜ!」





12以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/05/13(月) 00:04:21.661 ID:WT18dP4I0.net
澪「おっ、SKSっていう武器拾った。これ、強いのか?」

紬「ラッキーね。敵がこの街に降りて来てるのは見てないから、撃ってみてもいいわよ」

澪「それじゃあちょっと」

バスン!バスン!バスン!

澪「すごい…!律、これすごいよ!」

律「そうだよな〜。ゲームで初めて銃撃つ時って、言葉に表せない感動があるんだよな〜」

唯「ゲームの魅力に落ちた澪ちゃん…」

律「澪、SCARあったぞ。初心者ならこれは持ってて」

澪「ありがとう。SCARはどういう武器だ?」

紬「連射できて、扱いやすい武器よ。PUBGだと、黄色で可愛い武器なの」





13以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/05/13(月) 00:05:57.242 ID:qAz04R0dd.net
唯「武器って何か選ぶ基準ってあるの?」

律「もちろんあるさ。連射の速さ、反動の少なさ、弾速の速さとか色々あるけど、初心者は扱いやすい武器を……」

唯「AKMって武器拾った!なんか強そう!」

律(聞いちゃいねぇーー)

バリリリリ!バリリリリ!

紬「まあっ!」

澪「うわ!いきなり乱射するな!」

唯「すごい…なにこの武器。可愛い…」

律「唯ちゃんこりゃまたエライの選びましたね〜」

紬「癖のある武器って、頑張って扱えるようになる瞬間が一番楽しいのよね〜」

澪「唯もゲームの魅力に落ちたな!」

唯「これはどういう武器なの?」

紬「反動が大きくて扱いにくいから、武器がAKしかない時にしか使わないわ。でも使えるようになると、とても強いの!」

唯「えっへん!AKがあれば大丈夫!どっからでもかかって来なさい!」

パーン!





14以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/05/13(月) 00:14:16.158 ID:qAz04R0dd.net
パーン!

律「スナイパーだ!しかもログを見たらヘッドショットだぞ!」

澪「唯!」

紬「唯ちゃん大丈夫!?」

唯「ごめんなさい…。調子乗ってたらどこからか撃たれて気絶しちゃいました…」

律「唯!どこか近くの遮蔽物の陰に隠れてろ!」

紬「唯ちゃん!私が蘇生するわ!」

律「ムギ、気をつけろよ」

紬「もちろんよ」

紬(唯ちゃんの頭を抜ける位置にいる敵ってことは…)

紬(あの三階建の家が怪しいわね)

紬「唯ちゃん、近くに足音はない?」

唯「足音は聞こえないけど…」



続きを読む
Twitter